puspamの日記

yogaの精神とアーサナを学ぶ日々を綴るblogです。RYT200取得中!

【備忘録】三角のポーズ(ウッティタ・トリコアーサナ)とアハ体験

 

f:id:puspam:20150921081039p:plain

http://yogatahiti.com/utthita-trikonasana/

 

このポーズ。

 

前は、このポーズで身体を横方向に倒せなかった。

たぶん75°くらいで止まってた。

腰〜骨盤あたりにつっかかる気がして。

 

でも「気がして」いるだけだった。

つっかかっている部分の骨盤や腰の力をホント!に一瞬抜いてあげて、骨盤の位置を変えないまま気持ちナナメ前方向に向かって体側を伸ばし(ポイント:倒すじゃなくて、まず伸ばす)ながら進むことでつっかかりを通り抜け、さらにポーズを深められた。

 

深く身体が倒れた後に注意すべきは骨盤の向きと体側の伸び。

股関節の可動域が狭いために、骨盤が下にむきがち。

そこで、骨盤の側面を床と垂直(正面を壁と平行)にすることで、股関節のストレッチや骨盤の歪み解消に繋がっているきがする。(たぶんw)

 

骨盤が正しい向きに向いていれば、上半身は素直に伸ばし&倒ししてあげればいいだけ。

そのときに、下になっている体側が縮まないように。

そのためにも、体側を「伸ばす」よう意識する。

最初は股関節を痛めないためにもゆ〜っくりする。

 

このポーズは、体側が真横にいくようになると、もっと楽しいんだと判明!

 

先生素晴らしいインストラクションをありがとうございました!