puspamの日記

yogaの精神とアーサナを学ぶ日々を綴るblogです。RYT200取得中!

たのしいチャクラの覚え方

 

今回はちょっとお遊びネタです。

わたし流チャクラの覚え方をご紹介したいと思います!

「そんなのアリかよ笑」と思う話が満載ですが、あしからず。笑

 

チャクラってなに?

国語辞典によると

    1. サンスクリット語で「輪」の意》ヨーガで、人体の生命エネルギーの中枢となる部位。 

 

とあります。

 

f:id:puspam:20150829210314j:plain

http://www.theyogablog.com/7-chakras/

 

↑のような図を見たことのある方もいるかもしれません。

チャクラというのは、脊柱に沿って7つあるエネルギー(あるいは、エネルギーの流れ)のようなもので

脊柱に沿う管(これをスシュムナーといいます)を上下するものです。

 

7つのチャクラは、それぞれ担当部署があって

そこの器官のエネルギーの流れをコントロールしたり、各身体機能に対応もしています。

 

なのでチャクラが上手く機能しておらず、エネルギーの流れが滞ると

身体機能にも影響が起こるといえます。

つまり、辞書にある

「人体の生命エネルギーの中枢を担う」ものなのです。

 

ヨガとチャクラの関係性は?

なぜいきなりチャクラの話をしているかというと

ヨガをプラクティスしていると、チャクラに遭遇する頻度が高いからです。

 

アーサナ(ヨガのポーズ)1つひとつに、チャクラを活性化する効果があることが多いですし

チャクラのエネルギーの流れをよくする効果が、ヨガのポーズにあるということですね。

 

なので、ヨギーやヨギーニはチャクラを知っていて損はない!・・・のですが。

 

なんていったって覚えにくい・・・( -.-) =з

 

カタカナだし、サンスクリット語だし、というダブルパンチなのです。

そこで、わたしが頑張って暗記するために使った覚え方をご紹介します。

「使える!」と思うものは少ないかもしれませんが

冒頭にも書いたとおり、あしからず。笑

 

下から6番目の、「アギュナ」

これはかんたんです。

いわゆる、第三の目のポジションにあるチャクラなので

イの場所にある、ギュナね」

で覚えられます〜

 

アギュナという言葉自体は、何回か言っていれば口が覚えてくれます。笑

 

アギュナのチャクラ(エネルギー)が良いと、直感力な内観力がつくのだそうです。

 

 

ゆる〜り投稿でした。