puspamの日記

yogaの精神とアーサナを学ぶ日々を綴るblogです。RYT200取得中!

アメリカ人の旦那あるある/I'm wrongとI'm sorryの違い

 

まだ旦那さまではないのですが、、、

アメリカ人フィアンセと話をしていて時折思うこと。

 

それは、彼(彼ら?)にとって

I'm wrongとI'm sorryには厳格な違いがあるということ!

 

おそらく、彼にとって

I'm wrong

:このことについては間違ってしまった。(でも自分の発言・行動は守られている、なぜなら「そのこと」のみ自分は違って、それ以外はおおむね正しいから)

 

I'm sorry

:自分は間違っていた。ごめんなさい。(自分の発言・行動自体に非を向けざるを得ない状況)

 

のようなレベルでの差があるのでしょう。

 

わたしの彼は、I'm wrongは適宜ちゃんと言ってくれますが、I'm sorryはほとんど言いません。笑

聞くと、

「I'm sorryというと負けを認めたことになり、相手に有利になる。だから軽く言っちゃいけないんだ」

とのこと。

 

、、、ふむ。

まぁ確かに日本人は簡単に謝る、とは頻繁に言われることだと思いますが。

 

プライドが高い/低いの問題ではなく、お国柄なんでしょう。

アメリカって勝ち/負けをはっきりさせるのに抵抗がないし、訴訟世界ですもんね。簡単に負けを認めるとどんどん相手に有利な状況になってしまうのでしょうか。

 

どっちが良いか悪いかは別として、時には「ごめんね」と言ってほしくなるのも日本人のお国柄なんでしょうか。笑

 

f:id:puspam:20150628101218j:plain