puspamの日記

yogaの精神とアーサナを学ぶ日々を綴るblogです。RYT200取得中!

今回の怪我に思うマインドの変化

 

一昨日のブログでちょっと触れた、マインドの変化について。

 

結論を先に話すと、正直そこまで落ち込みすぎてないんです。

(これだけ読むと語弊がありまくりですね笑)

 

もともとの性格上、落ち込みすぎて何も手につかない、、、とか

これは世界の終わりだ、、、みたいな泥沼にはならないタイプなのですが、(いつも、かなりあっけらかんとしている)

今回の出来事はさすがに堪えました。

とにかく痛いし、なにより周りに迷惑をかけることだったので。

 

ただ、そういった諸々を含めても

なにか理由があったんだろうな

周りに迷惑かけちゃうな。しくしく

というマインドで、むしろ

アーサナができない分、もっと瞑想に時間さけるな

とか

もっと本読む時間ふえるな

とか。早い段階で前向きに捉えられました。不思議と。

 

 

それもこれも、ヨガで常日頃教わっている

「ありのままに捉える」ということが自然と身に付いているんだろうなと。

 

そしてRYTに関しては、先生や仲間に迷惑をかけている分もっと頑張らなくては、という考え方が素直にとれました。

 

大人になると、どんどん生きやすくなるって聞くけど、それってこういうことなのかな〜。

ということで、今朝の太陽礼拝はしばらくできませんが、せっかくなので違う話題でブログを続けていこうとおもいます。

 

 

ちなみに、時間が増えたので読んだ本たち

白湯毒だし健康法 (PHP文庫)

白湯毒だし健康法 (PHP文庫)

 

白湯をお湯の水割りで作っていたわたしにとって、恐ろしくためになった一冊。

白湯は水で割っちゃいけないんですって。  

 

禅が教えてくれる 美しい人をつくる「所作」の基本

禅が教えてくれる 美しい人をつくる「所作」の基本

 

茶道をずっとやってきているわたし。

「姿勢や呼吸は生き方と密接につながっている」という言葉がとにかく深くて、こころにしっとりと残りました。 

 

じっせん こころのヨーガ

じっせん こころのヨーガ

 

 『インテグラル・ヨーガ』の内容が素晴らしく見事に現代版にまとめてある本。

ヨガの八支則を学ぼう!と思わずに、でも知らないうちに学べているような魔法にかかれます。

 

ヨーガの思想 (講談社選書メチエ)

ヨーガの思想 (講談社選書メチエ)

 

 時には重い本も読むんですよ。

序章でひたすら現代ヨーガの資本主義的様相を憂いている著者さん。学者がどのようにヨガを分析するのかとか、結構興味ありなので読み進めるのが楽しみです。