puspamの日記

yogaの精神とアーサナを学ぶ日々を綴るblogです。RYT200取得中!

月の調氣と瞑想にチャレンジしてみました!

 

ちょうど昨日読んでいた本に載っていた、月の調氣法と瞑想法。

 (この本)

いつでもどこでも ヨーガな暮らし

いつでもどこでも ヨーガな暮らし

 

 

やってみたいな〜満月いつだろう〜と思って調べたら、、、

なんと昨日!すごい!

 

引き寄せ力が確実に高まってる、有り難いなぁ、と感謝しながら

昨夜、さっそくやってみました。

 

 

月の調氣法を大まかに抜粋。

 

安定した、快適な姿勢で座って

背筋を伸ばし、氣道をまっすぐに。

 

親指で右の鼻を押さえて、息を左の鼻から吸います。

空いた指で左の鼻を押さえて、息を右の鼻から吐きます。

 

これを10回ほど繰り返します。 

 

ちなみに、この吸う・吐く鼻を逆にしたものが太陽の調氣法です。

 

左右の鼻を観察すると、人間はどちらかに偏って呼吸をしていることが多いんだって。

そして

右の鼻が交感神経を司っていて

左の鼻が副交感神経を司っているので

自分の鼻がバロメーターになって、自律神経を整えるきっかけになってくれることもありそうですね。

 

だからかな?

月の調氣法では左(副交感神経)で吸って、鎮静作用をもたらして

太陽の調氣法では右(交感神経)で吸って、活動的になれるのかも。

 

***

 

ちょっと脱線しましたが、以上が月の調氣法。

 

私にとってはちょっと難しくて、ゆ〜っくり、すこやか〜に呼吸しようと思っても、片方の鼻だけで呼吸してるからか息が詰まって苦しくなってくるという(笑)

だんだん鼓動も早くなってきている気がして、ほどほどでやめましたとさ。

 

 

そして、調氣法で呼吸を整えたら、次は瞑想。

 

瞑想の仕方は

 

安定した、快適な姿勢で座って

背筋を伸ばし、氣道をまっすぐに。

 

両手をハートのチャクラ(胸のあたり)に持ってきて

肯定的な感情を思い出します。

(愛に溢れているときのこと、笑顔で笑い合っているときのこと、一心に努力しているときのことなど)

 

思い描いたら両手を膝にもどし、次は月をイメージします。

 

イメージしたら、その月を先ほどのハートのチャクラの部分にもっていき

そして次第に、そこから月の優しくて穏やかな光が

体全体を包んでくれているイメージをします。

 

そのイメージをキープします。

 

 この瞑想法は調氣法とちがって、す〜っと入り込めました。

途中、肯定的なことを思い出そう〜と思えば思うほど、昔の後味の悪い思い出が浮かんできそうになったり、、、(笑)

そして、一度すんなり入り込めて、月にまぁるく包まれた、、、と思ったら、あの”幸福感”を知覚?してしまった瞬間に、元に戻るのがすごく大変になったり、、、

いろいろ勉強になる瞑想でした。

 

そして終わった後は、月にすっぽり覆われている安心感と、月独特の幽玄さや優雅さに包まれたまま、幸せな気分でベッドに直行しました。

 

 

神秘的な夜だったな。

 

 

f:id:puspam:20150604153229j:plain

http://www.fanpop.com/clubs/moon/images/35530154/title/moon-wallpaper